薬瓶 商品撮影

薬瓶 商品撮影

注文する

薬瓶_商品写真撮影

大阪を拠点とする国内最大級の商品写真撮影代行サービス『物撮り.jp』が、
薬瓶を商品撮影するにあたって、

より商品を分かりやすく見せるための撮影方法をご紹介させて頂きます。

 

瓶の撮影時に一番気をつけることは、反射しないことです。
カメラマン本人の姿が投影されることがあるので、細心の注意を払って撮影します。

また、文字がしっかりわかるようにカメラの絞りや、ライティングを調整します。
瓶の中身もわかるように撮影したいので(形状がどんなものか)、
これもまた、ライティングで調整します。

詳細撮影は、

1・瓶を斜めから撮影する。(瓶の大体のデティールがわかるように。)

2・ふたのアップ。(どのように開けれるか。)

3・中身の撮影(商品を寝かせ、中身を数粒出した、イメージに近い撮影)

4・ロゴ、説明文のアップ(商品の性能がわかるように)

以上を中心に撮影します。

薬瓶の場合はイメージ撮影が重要です。

薬の中身_商品撮影

中身を出して撮影するのもいいでしょう。

また、人物が服用しているシーンや、説明文をしっかり掲載するのも大事です。

 

 

 

※弊社は、モデルが着用しての撮影、ロケ・出張撮影も可能です。お見積もり等ご希望の方は、
 メールか電話にてお問い合わせ下さい。

『物撮り.jp』は、薬瓶を撮影したい、
ネットショップオーナー様や、各種企業・メーカー様の売り上げアップにつながる商品撮影を、
機材・レンズ・照明(ライティング)の整ったスタジオで行います。

経験の積んだプロカメラマンのテクニックで、お客様の商品をより魅力的に写真撮影致します。

料金も格安の1カット180円の業界最安値です!
しかもハイクオリティー!!

 

薬瓶の撮影のことなら何でもご相談下さい。

注文する