FUJIFILM X-T5はプロカメラマンにとって最高のカメラになるのか?

2022.11.16
FUJIFILM X-T5はプロカメラマンにとって最高のカメラになるのか?

今回のブツ撮りラボで特筆させていただくテーマは『FUJIFILM X-T5はプロカメラマンにとって最高のカメラになるのか?』についてです。

この記事を書かせていただくのはFUJIFILMをプライベートからプロの撮影現場でも使用しているカメラマンが書かせていただいて、わかりやすく納得の内容になっておりますので是非とも最後までお付き合いくださいませ。

FUJIFILMの『X-T』シリーズとは?

FUJIFILMの『X-T』シリーズとは?

-出典(FUJIFILM Xシリーズ)-

では、FUJIFILMから2022年11月25日から発売される『X-T5』の『X-T』シリーズとは一体どういうシリーズなのでしょうか?

FUJIFILMでは『X-E』や『X-PRO』、『X-H』シリーズなど色々なシリーズに分けて発表されております。

では、まずは『X-T』シリーズについてご紹介させていただきます。

FUJIFILMの『X-T』シリーズの歴史

https://butsu.jp/

まずはFUJIFILMの『X-T』シリーズの歴史についてご紹介させていただきます。

FUJIFILMのレンズ交換式デジタルカメラは『X-Pro』『X-H』『X-T』『X-S』『X-E』『X-A』の6シリーズあります。

その中の『X-T』シリーズはFUJIFILMの創業80周年記念のモデルとして発売され形状は一眼レフスタイルのカメラであり、プロアマ問わず世界中の富士フィルムユーザーに人気のカメラシリーズとなっております。

また『X-T』シリーズには「1桁」「2桁」「3桁」の3タイプあり、1桁が今回の『X-T5』のようなプロモデル、2桁のモデルが『X-T30』などのアマチュアモデル、3桁のモデルが『X-T200』などのエントリーモデルとなっております。

FUJIFILMのカメラはエントリーモデルでも十分プロでも使用できるほど作りがしっかりしているのですが、今回は特にプロカメラマンが利用している『X-T』の2022年11月の最新作の『X-T5』について詳しく書かせていただきます。

その前に今までの『X-T』シリーズのスペックの違いなどもご紹介させていただきます。

FUJIFILM X-T1

X-T1の詳細についてご紹介させていただきます。

X-T1のスペック紹介
発売日
2014年 2月15日
画素数
1670万画素(総画素) 1630万画素(有効画素)
撮像素子
APS-C 23.6mm×15.6mm CMOSII
撮影感度
標準:ISO200~6400 拡張:ISO100、12800、25600、51200
記録フォーマット
JPEG/RAW 連写撮影 約8コマ/秒
シャッタースピード
電子:1/32000~1秒 メカニカル:1/4000~30秒
液晶モニター
3インチ 104万ドット
ファインダー形式
有機EL電子ビューファインダー
ローパスフィルターレス
ファインダー倍率
0.77 倍 ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
専用電池
専用電池型番 NP-W126
撮影枚数
液晶モニタ使用時:350枚
記録メディア
SDHCカード SDカード SDXCカード
スロット
シングルスロット
その他機能
防塵・防滴
手ブレ補正機構
5軸手ブレ補正
シングルポイントAF
7×7の49エリア選択(フォーカス枠サイズ可変)
ゾーンAF
11×7の77エリアより3×3/5×3/5×5選択
ワイド/トラッキングAF
11×7の77エリア自動選択
動画撮影
4K対応
動画記録画素数
フルHD(1920x1080) 60fps
ファイル形式
MOV
映像圧縮方式
H.264準拠
音声記録方式
リニアPCM/ステレオ

FUJIFILM X-T2

X-T2の詳細についてご紹介させていただきます。

X-T2のスペック紹介
発売日
2016年 9月 8日
画素数
2430万画素(有効画素)
撮像素子
APS-C 23.6mm×15.6mm CMOSIII
撮影感度
標準:ISO200~12800 拡張:ISO100、25600、51200
記録フォーマット
JPEG/RAW
連写撮影
約14コマ/秒(電子シャッター設定時) 約8コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード 
電子:1/32000~1秒 メカニカル:1/8000~30秒
液晶モニター 
3型(インチ) 104万ドット ファインダー形式 有機EL電子ビューファインダー
ローパスフィルターレス
ファインダー
倍率 0.77 倍 ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
専用電池
専用電池型番 NP-W126S
撮影枚数 
ファインダー使用時:330枚 液晶モニタ使用時:340枚
記録メディア
SDHCカード SDカード SDXCカード
スロット
ダブルスロット SDカード×2
その他機能
防塵・防滴
手ブレ補正機構 
5軸手ブレ補正
可動式モニタ
チルト式液晶
起動時間
0.3 秒
シングルポイントAF
EVF/LCD:13×7/25×13のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)
ゾーンAF
13×7の91エリアより3×3/5×5/7×7選択
ワイド/トラッキングAF
多点表示(最大18点)
動画撮影
4K対応
動画記録画素数
4K(3840x2160) 29.97p
ファイル形式
MOV
映像圧縮方式
MPEG-4 AVC/H.264準拠
音声記録方式
リニアPCM/ステレオ

FUJIFILM X-T3

X-T3の詳細についてご紹介させていただきます。

X-T3のスペック紹介
発売日
2018年 9月20日
画素数
2610万画素(有効画素)
撮像素子
APS-C 23.5mm×15.6mm CMOS4
撮影感度
標準:ISO160~12800 拡張:ISO80、100、125、25600、51200
記録フォーマット
JPEG/RAW
連写撮影
約30コマ/秒(電子シャッター使用時) 約11コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード
電子:1/32000秒~15分 電子先幕・メカニカル:1/8000秒~15分
液晶モニター
3型(インチ) 104万ドット
ファインダー形式 
有機EL電子ビューファインダー
ローパスフィルターレス
ファインダー倍率
0.75 倍 ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
専用電池
専用電池型番 NP-W126S
撮影枚数
ファインダー使用時:370枚 液晶モニタ使用時:390枚
記録メディア
SDカード SDHCカード SDXCカード
スロット
ダブルスロット SDカード×2
その他機能
防塵・防滴
手ブレ補正機構
5軸手ブレ補正
可動式モニタ
チルト式液晶
RAW+JPEG同時記録
インターフェース
USB Type-C
起動時間
0.3 秒
シングルポイントAF
EVF/LCD:13×9/25×17のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)、
ゾーンAF
13×9の117エリアより3×3/5×5/7×7選択、
ワイド/トラッキングAF
多点表示(最大18点)
動画撮影
4K対応
動画記録画素数
DCI4K(4096x2160)59.94p 4K(3840x2160)59.94p
ファイル形式
MOV
映像圧縮方式
MPEG-4 AVC/H.264/HEVC/H.265準拠
音声記録方式 
リニアPCM/ステレオ(24bit/48KHzサンプリング)

FUJIFILM X-T4

X-T4の詳細についてご紹介させていただきます。

X-T4のスペック紹介
発売日
2020年 5月下旬
画素数
2610万画素(有効画素)
撮像素子
APS-C 23.5mm×15.6mm CMOS4
撮影感度
標準:ISO160~12800 拡張:ISO80、100、125、25600、51200
記録フォーマット
JPEG/RAW/TIFF
連写撮影
約30コマ/秒(電子シャッター使用時) 約15コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード
電子:1/32000秒~15分 電子先幕・メカニカル:1/8000秒~15分
液晶モニター
3型(インチ) 162万ドット
ファインダー形式
有機EL電子ビューファインダー
ローパスフィルターレス
ファインダー倍率
0.75 倍 ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
専用電池
専用電池型番 NP-W235
撮影枚数 
ファインダー使用時:500枚 液晶モニタ使用時:500枚
記録メディア
SDカード SDHCカード SDXCカード
スロット
ダブルスロット SDカード×2
その他機能
防塵・防滴
手ブレ補正機構
5軸手ブレ補正
可動式モニタ
バリアングル式液晶
インターフェース
USB Type-C
起動時間
0.39 秒
シングルポイントAF
EVF/LCD:13×9/25×17のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)
ゾーンAF
13×9の117エリアより3×3/5×5/7×7選択
動画撮影
4K対応
動画記録画素数
DCI4K(4096x2160)59.94p 4K(3840x2160)59.94p
ファイル形式
MOV/MP4
映像圧縮方式
MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265準拠
音声記録方式 
リニアPCM/ステレオ(24bit/48KHzサンプリング) AAC

FUJIFILM X-T5

X-T4の詳細についてご紹介させていただきます。

X-T5のスペック紹介
発売日
2022年11月25日
画素数
4020万画素(有効画素)
撮像素子
APS-C 23.5mm×15.7mm CMOS5HR
撮影感度
標準:ISO125~12800 拡張:ISO64、80、100、25600、51200
記録フォーマット
JPEG/RAW/TIFF/HEIF
連写撮影
20コマ/秒(電子シャッター、1.29Xクロップ時) 約15コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード
電子:1/180000秒~15分 電子先幕・メカニカル:1/8000秒~15分
液晶モニター
3型(インチ) 184万ドット
ファインダー形式
有機EL電子ビューファインダー
ローパスフィルターレス
ファインダー倍率
0.8 倍 ファインダー視野率(上下/左右) 100/100
専用電池
専用電池型番 NP-W235
記録メディア
SDカード SDHCカード SDXCカード スロット ダブルスロット SDカード×2
その他機能
防塵・防滴
手ブレ補正機構
5軸手ブレ補正
可動式モニタ
チルト式液晶
インターフェース
USB Type-C
起動時間
0.49 秒
シングルポイントAF
13×9/25×17のエリア選択(フォーカス枠サイズ可変)
ゾーンAF
13×9の117エリアより3×3/5×5/7×7選択
動画撮影
4K対応
動画記録画素数
6.2K 16:9(6240x3510)29.97p DCI4K 17:9(4096x2160)59.94p 4K 16:9(3840x2160)59.94p
ファイル形式
MOV/MP4 映像圧縮方式 MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265準拠
音声記録方式 
リニアPCM/ステレオ(24bit/48KHzサンプリング) AAC

FUJIFILM X-T5とは?

-出典(FUJIFILM Xシリーズ)-

そもそも『X-T5』とはFUJIFILMのXシリーズの原点でもある「高画質・小型・軽量」を優先的に設計され洗練されたデザインで写真を心から楽しむために作られたカメラです。

快適に撮影でき、どこでも安心して持ち運ぶことができる撮影状況を選ばないカメラこそ『X-T5』なのです。

プロカメラマンやアマチュアの写真愛好家にも愛されるために作られたようなカメラは特筆すべき特徴も多く存在します。

FUJIFILM X-T5の特徴

FUJIFILM X-T5の特徴

-出典(FUJIFILM Xシリーズ)-

では『X-T5』の知っておくべき特徴をご紹介させていただきます。

世界中から注目されている『X-T5』を購入することを検討されている方も多くいらっしゃると思います。

しかし、購入するために知っておくべきポイント特徴がございますので詳しくご紹介させていただきます。

FUJIFILMの史上最高の高画質

FUJIFILMの『X-T5』はFUJIFILMのXシリーズ史上最高の高画質になっています。

この『X-T5』から新世代のCMOS映像センサーと高速処理が可能になったプロセッサーを採用したことで今までにない圧倒的な解像度の4,020万画素以上の写真が撮影できるようになりました。

この新しいセンサーの『X-Trans CMOS』センサーは光学ローパスフィルターを使用しないことで圧倒的な描写を実現しました。

また独自のカラーフィルター配列によって現実をよりドラマティックな印象の写真を撮影することが可能になったのです。

直感的なカメラ操作

FUJIFILMの最大の特徴とも言えるのが外装のダイヤルオペレーションシステムです。

このシステムは通常のデジタル一眼レフカメラではシャッタースピードや絞り(f値)、ISO感度はカメラのメニュー操作より変更するのですが、FUJIFILMに限ってはダイヤルでそれぞれの数値を設定できるので直感的に設定することができます。

また、このダイヤルオペレーションシステムによりフイルムカメラ時代から写真が好きだった人の心に響き、懐かしくもあり、アナログで機械的な操作方法で写真撮影を楽しむことができるのです。

機動性抜群の軽量コンパクトサイズ

プロカメラマンが本来使用していたカメラの重量はご存じでしょうか?

重たいカメラを事例に上げればキリがないのですが、日本で活動しているカメラマンのほとんどの方はおおよそカメラのボディとレンズ合わせて1.5kg程度のカメラを使用しています。

カメラのボディだけであれば大体900g〜1kg程度のカメラがほどんどでしょう。

しかし、このFUJIFILMの『X-T5』の重量はなんと557gとかなり軽量のカメラとなっております。

これだけ軽量のカメラボティであれば機動性抜群でどんな場所でも持っていけそうな気がします。

プロカメラマンにとってもこの軽量・コンパクトのカメラなら写真の仕事ももっと楽しくなるはずです。

3方向チルト可能なLCDモニター

この『X-T5』はモニターが3方向にチルトするので通常のカメラを構えるアングル以外にもハイアングル、ローアングルなど不自由なく撮影することができる撮影者のことを考えたカメラ作りになっております。

この『X-T5』はなぜバリアングル機能ではないのか?とチルト機能にしたかというとバリアングル構造にしてしまうと、必然的にカメラ自体のサイズアップしてしまうのと、より重たくなってしまうからです。

この『X-T5』ではコンパクトで軽量を最大限に生かすための作りでもあるのです。

FUJIFILM X-T5のここがすごい!

FUJIFILM X-T5のここがすごい!

-出典(FUJIFILM Xシリーズ)-

ここまで『X-T5』の特徴について書かせていただきましたが『X-T5』は何がすごいのか?

『X-T5』のここがすごい!というポイントについて書かせていただきます。

FUJIFILMならではの色表現

まず最初にお伝えしなければいけないことは『FUJIFILMならではの色表現』がすごい!ということです。

FUJIFILMは元々フィルムカメラ時代のフィルムを製造していたメーカーです。

またFUJIFILMのフィルムは世界シェアNo1と言っても過言ではないほど、多く流通してました。

ISO感度も細かく設定されていたり、コントラストの高いフィルム。
または彩度の高いフィルムやシャドウ部分も綺麗に描写できるモノクロフィルムなど本当にプロカメラマンにも信頼されてきたフィルムメーカーでした。

そのFUJIFILMが培ってきた色の発色技術がデジタルデータにも落とし込まれているので、FUJIFILM製のデジタルカメラで撮影した写真は本当に素晴らしい色が表現されます。

また色設定も当時のフィルム名が使われているので、フィルムカメラしか使わなかった写真愛好家もなんのストレスもなくデジタルミラーレス一眼の『X-T5』を使いこなせることでしょう。

被写体を自動で検出するAF機能

またデジタル社会になった今ではデジタルカメラにも多くのAIが使われるようになりました。

このAI技術を使って被写体検出AF機能で人物の『顔』や『瞳』、動物や車・バイク・自転車や飛行機などの動いているものであれば自動でカメラが被写体だと認識してくれる技術です。

また被写体にピントを合わせたまま自動追尾してくれるのでシャッターチャンスを逃すことがほぼないレベルと考えていいでしょう。

1億6千万画素の超解像度写真

また『X-H2』から装載されたFUJIFILMの技術『ピクセルシフトマルチショット』も搭載しております。

この『ピクセルシフトマルチショット』はボディ内手ぶれ補正機能を活用したことでセンサーを自動でシフト撮影することで1枚あたり20枚の写真を撮影し、合成処理することで1億6千万画素の超高解像度の鮮明な写真が作れる機能です。

これほど、多くの画素数の写真であれば鮮明な写真で大型ビルをラッピングできるレベルの写真です。X-H2のことも併せて知りたい方はこちらの記事もよければご覧ください。→『話題のFUJIFILMの『X-H2』はプロカメラマンでも使えるのか?』

爆速のシャッタースピード

『X-T5』ではイメージセンサーを搭載したことにより1/180,000秒の爆速のシャッタースピードでの撮影が可能となりました。

正直ここまでの早いシャッタースピードが必要なのか?
と思うところもありますが、夏の晴天時などで大口径レンズも安心して使用できることを考えれば使えるシャッタースピードが速いに越したことはありません!

安心の防塵防滴構造

『X-T5』はどんな悪天候でも使える安心の防塵防滴構造になっています。

また低温度にも対応できることから過酷な環境下でも撮影が可能となっていることがわかる。

防塵防滴なので屋外の多少の雨くらいなら気にせず撮影できるので、今まで撮影を遠慮していた悪天候を味方につけてより幻想的な写真が撮影できる可能性が広がるカメラとなっているでしょう。

7段分のボディ内手ブレ補正

『X-T5』はボディ内手ブレ補正が再々7段もあります!

この7段ってものすごいことで通常の撮影がシャッタスピードが1/125秒だとすると、1秒まで手ブレしないということです。

長い間プロカメラマンとして活動している私からすると考えられない技術となっています。

またボディ内手ブレ補正なのでどのレンズを使っても手ブレ補正が効くものすごい機能です。

FUJIFILM X-T5はカメラマンにとって最高のカメラなのか?

FUJIFILM X-T5はカメラマンにとって最高のカメラなのか?

では『X-T5』はカメラマンにとって最高のカメラなのでしょうか?

プロカメラマンの撮影ジャンルによってご紹介させていただきますので、撮影するシーンごとに照らし合わせて見ていきましょう。

人物撮影カメラマンの場合

人物撮影カメラマンの場合

まずは『X-T5』を人物撮影カメラマンが使う場合です。

『X-T5』は色再現など忠実に再現するので人物撮影でもとても綺麗な写真が撮影できるでしょう。

またローパスレスなので写真が鮮明で細かなディティールまで表現できることも人物撮影に向いていると考えれます。

では『X-T5』を人物撮影に使用する際のメリット・デメリットもご紹介させていただきます。

人物撮影にX-T5を使うメリット

人物撮影に『X-T5』を使うメリットをご紹介させていただきます。

  1. 小型・軽量なので気軽に撮影することができる。
  2. APS-C型センサーサイズなのでレンズも小型であることからロケ撮影にさまざまなレンズが持っていける。
  3. 色にこだわった人物撮影ができる。

人物撮影にX-T5を使うデメリット

人物撮影に『X-T5』を使うデメリットをご紹介させていただきます。

  1. APS-C型のセンサーサイズなので写真の奥行き感が物足りない場合もある。
  2. 色表現が忠実なので1枚ごとの写真データが大容量の場合がある。
  3. ミラーレスタイプの一眼レフなのでバッテリーのもちが悪いことがある。

物撮りカメラマンの場合

物撮りカメラマンの場合

では『X-T5』を物撮りカメラマンが使う場合についてご紹介させていただきます。

物撮りとは商品撮影のことで色表現を忠実に再現する必要があることからFUJIFILMの『X-T5』は最高のカメラとも言えます。

物撮りでは広角側の焦点距離がほとんど必要ないことので、APS-Cの焦点距離をフルサイズ換算で1.6倍になることもちょうどいいと考えます。

また物撮りではスタジオ撮影がほとんどで長時間の撮影も少なくはありません。

そのため、『X-T5』のような小型で軽量。

さらに高解像度の写真が撮影できる『X-T5』は最高のカメラと言って間違いないでしょう。

実際にこの記事を書かせている私が所属している『物撮り.jp』でも多くのFUJIFILMカメラを使用しております。

物撮り撮影にX-T5を使うメリット

物撮りカメラマンが『X-T5』を使うメリットをご紹介させていただきます。

  1. 商品の色味を忠実に再現することができる。
  2. 小型・軽量なので長時間使用していても疲れにくい。
  3. 商品写真の細かなディティールまで鮮明に撮影できる。
  4. チルトファインダーによって様々なアングルで撮影することができる。

物撮り撮影にX-T5を使うデメリット

物撮りカメラマンが『X-T5』を使うデメリットをご紹介させていただきます。

  1. ミラーレスカメラなのでバッテリー消費量が多い。
  2. 色表現が忠実すぎてデータ量が重たい場合がある。

風景写真カメラマンの場合

風景写真カメラマンの場合

『X-T5』を風景写真カメラマンが使う場合についてご紹介させていただきます。

『X-T5』は風景写真を撮影するカメラマンにとってどうなのでしょうか?

風景写真を撮影するカメラマンは本来中盤サイズのセンサーを搭載しているカメラで三脚を使用し、長い時間をかけて最高の光がくる瞬間を待つ撮影です。

重たい撮影機材を運ぶ作業は本当に修行レベルのしんどさです。

ですが、その重たいカメラがこの軽量の『X-T5』に変わったらどうなるのでしょう?

カメラが軽量になると必然と三脚も軽量のものを選ぶことができるので格段に軽装備になり風景写真への姿勢がより快適になることは間違いないでしょう!

風景写真撮影にX-T5を使うメリット

では風景写真撮影に『X-T5』に使うメリットについてご紹介させていただきます。

  1. 色表現が素晴らしいので自然でダイナミックな写真が撮影できる。
  2. 最大1億6000万画素までの写真が撮影できるので超高解像度の写真が撮影できる。
  3. 小型・軽量なので撮影現場までの移動が楽になる。
  4. 防塵防滴低温構造なので過酷な環境での撮影も可能。

風景写真撮影にX-T5を使うデメリット

では風景写真撮影に『X-T5』に使うデメリットについてご紹介させていただきます。

  1. 本来の風景写真に使うカメラに比べてセンサーサイズが小さい。
  2. バッテリー消費が激しいので予備バッテリーが必要。

動画撮影カメラマンの場合

動画撮影カメラマンの場合

『X-T5』を動画撮影カメラマンが使用する場合についてご紹介させていただきます。

『X-T5』の動画撮影機能はF-Log2での撮影が可能となり諧調が広く、後から編集することができる動画が撮影することが可能になりました。

またHDMI経由で外部レコーダーでの記録も対応しているので、CM撮影は当然のことながらドラマ撮影や映画撮影までも十分対応できるカメラとなっています。

また記録容量も6K撮影が可能なので精細な動画も撮影可能となってますので本格的に動画撮影を始めたい!というカメラマンにも十分だと言い切れます。

動画撮影にX-T5を使うメリット

では動画撮影カメラマンが『X-T5』を使用するメリットについてご紹介させていただきます。

  1. 映画撮影が可能なほど高機能なカメラ。
  2. 外部レコーダー使用可能なので、動画RAWが出力可能。
  3. ボディ内手ブレ補正が最大7段もあるので映像のブレが気にならない。

動画撮影にX-T5を使うデメリット

動画撮影カメラマンが『X-T5』を使用するデメリットについてご紹介させていただきます。

  1. バッテリー消費が激しいので大量のバッテリーが必要。
  2. バリアングルモニターではないので自撮り撮影は難しい。

FUJIFILM X-T5は最高のカメラになるのか?

FUJIFILM X-T5は最高のカメラになるのか?

ではFUJIFILMのX-T5は最高のカメラになるのか?
その答えですが『FUJIFILMのX-T5は最高の​カメラになります!』

『X-T5』はプロカメラマン、アマチュアカメラマン問わず全ての人が写真に向き合い写真を簡単に楽しめるカメラになっているのではないでしょうか?

プロカメラマンの中にはセンサーサイズにこだわっているカメラマンもいらっしゃいます。

当然、センサーサイズが大きいと撮影できる写真のクオリティーも高くなるので当然の意見ではあります。

しかし『X-T5』はセンサーサイズがAPS-Cサイズであることを忘れてしまうくらい鮮明で精細な写真・映像が撮影することができるのです。

AF(オートフォーカス)機能も最先端のAI機能を搭載しているので、ストレスなく楽しく写真が撮影できることは間違いないでしょう。

FUJIFILM X-T5に向いている人は?

FUJIFILM X-T5に向いている人は?

ではFUJIFILMの『X-T5』を購入するべき人はどんな人なのでしょうか?

今では毎年のように様々なメーカーから新しいカメラが発表されています。

そのため新しいカメラを買うタイミングは悩む理由もあります。

確かに発売してすぐのカメラは値段も高く買いにくいですが、すぐに買ってもいいのでは?
と思う方のパターンを紹介させていただきます。

FUJIFILMの色表現で撮影したい人

それはFUJIFILMの色表現、フィルムシュミレーションを使って見たい人ではないでしょうか。

FUJIFILMは歴代のカメラで同じフィルムシュミレーションでもセンサーやカメラが違えば若干の色の精度は違います。

それは新しいカメラになればなるほど感動できる仕上がりになっています。

FUJIFILMの色表現を思う存分楽しみたい方は絶対に購入した方が良いでしょう。

FUJIFILMのレンズを既に保有している人

FUJIFILMのレンズを既に複数保有している人も買った方が良いでしょう!

昔のレンズであってもFUJIFILMのカメラは進化するごとにレンズ性能をふんだんに発揮できるようになっています。

特に初期に発売されたXF35mmf1.4を使用したときには衝撃が走るほど綺麗に撮影できます。

FUJIFILMの古いカメラを使っている人

またFUJIFILMの古いカメラ、エントリーモデルを使用している人もぜひ『X-T5』の購入を検討して見てください。

デジタルカメラが主流になってから発売時期が1年違うだけでも驚くべき進化を遂げています。

特にボディー内手ブレ補正には感動するはずです。

今のFUJIFILMのカメラが5年前くらいに発売したカメラなら買い換えることも検討するタイミングではないでしょうか?

FUJIFILMのX-T5は結局買うべきカメラなのか?

FUJIFILMのX-T5は結局買うべきカメラなのか?

FUJIFILMの『X-T5』は結局買うべきカメラなのか?
と言いますとプロカメラマンなら購入した方がいいのいい!と思う内容のカメラです。

小型ながらに高いクオリティーの写真が撮影できるカメラであり、動画撮影にも強いカメラなのでこの1台あれば十分仕事ができるカメラでしょう。

カードスロットもダブルスロットなのでデータの同時保存などもできるので安心して撮影現場に持って行けるカメラと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

今回のブツ撮りラボでは『FUJIFILM X-T5はプロカメラマンにとって最高のカメラになるのか?』について詳しく書かせていただきました。

『X-T5』は果たして買うべきカメラなのか?
それとも見送っていいカメラなのか?
またカメラマンのメイン撮影内容によってどのジャンルのカメラマンなら買った方がいいのか?
などについて、徹底的に書かせていただきました。

ブツ撮りラボを運営している1カット500円で商品撮影ができる『物撮り.jp』でも『X-T5』を購入し、新しい情報などもどんどんレビューさせていただく予定なので、ぜひ今後もブツ撮りラボをよろしくお願いいたします。

ブツ撮りラボでは他にも『撮影』に関するテーマで記事を書かせていただいておりますので、他の記事も併せて読んでいただければと思います。

最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございます。

今後ともブツ撮りラボを宜しくお願いたします。

FUJIFILM X-T5のスペックの詳細

FUJIFILM X-T5のスペックの詳細

-出典(FUJIFILM Xシリーズ)-

 

FUJIFILM X-T5のスペックの詳細

商品名

FUJIFILM X-T5

レンズマウント

FUJIFILM Xマウント

撮像素子

23.5mm×15.7mm (APS-Cサイズ) X-Trans CMOS 5 HRセンサー

有効画素数

約4020万画素

センサークリーニング

圧電素子による超音波方式

画像処理エンジン

X-Processor 5

記録メディア

SDメモリーカード/ SDHCメモリーカード/ SDXCメモリーカード

静止画記録方式

JPEG Exif Ver.2.32

RAW

14bit RAW (RAF独自フォーマット)

TIFF

8bit / 16bit RGB

HEIF

4:2:2 10bit

記録画素数(ピクセル)

 

[L]

〈4:3〉 6864 x 5152 〈3:2〉 7728 x 5152 〈16:9〉 7728 x 4344 〈1:1〉 5152 x 5152 〈5:4〉 6432x5152

[M]

〈4:3〉 4864 x 3648 〈3:2〉 5472 x 3648 〈16:9〉 5472 x 3080 〈1:1〉 3648 x 3648 〈5:4〉 4560x3648

[S]

4:3〉 3456 x 2592 〈3:2〉 3888 x 2592 〈16:9〉 3888 x 2184 〈1:1〉 2592 x 2592 〈5:4〉 3264x2592

パノラマ撮影時

[L] (縦) 9600 x 2160 (横) 9600 x 1440 [M] (縦) 6400 x 2160 (横) 6400 x 1440

デジタルテレコンバーター

2.0x / 1.4x / OFF

撮影感度 静止画 

 

標準出力感度

AUTO1 / AUTO2 / AUTO3 / ISO125~12800 (1/3step)

拡張モード

ISO64 / ISO80 / ISO100 / ISO25600 / ISO51200

動画 標準出力感度

AUTO / ISO125~12800 (1/3 step) 拡張モード: ISO25600

測光方式

TTL256分割測光 / マルチ / スポット / アベレージ / 中央重点

手ブレ補正

補正機構 センサーシフト方式5軸補正 補正段数 7.0段

シャッタースピード

 

メカニカルシャッター

Pモード: 30秒~1/8000秒 Aモード: 30秒~1/8000秒 S/Mモード: 15分~1/8000秒 バルブ: 最長60分

電子シャッター

Pモード: 30秒~1/180000秒 Aモード: 30秒~1/180000秒 S/Mモード: 15分~1/180000秒 バルブ: 1秒固定

フラッシュ同調速度

メカシャッター: 1/250秒以下

連写

電子シャッター 約20コマ/秒 (1.29x クロップ)

アドバンストフィルター

トイカメラ / ミニチュア / ポップカラー / ハイキー / ローキー / ダイナミックトーン / ソフトフォーカス / パートカラー(レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/ブルー/パープル)

ピクセルシフトマルチショット 

あり

AF方式

 

インテリジェントハイブリッドAF

TTLコントラストAF / 位相差AF

AFフレーム選択

 

シングルポイントAF

13x9 / 25x17のエリア選択

ゾーンAF

13x9の117エリアより3x3 / 5x5 / 7x7選択

ワイド/トラッキングAF

あり(AF-S:ワイド / AF-C:トラッキング)

その他

オール: あり 顔・瞳検出機能 あり 被写体検出機能 あり(動物/鳥/クルマ/バイク&自転車/飛行機/電車)

ファインダー

EVF: 0.5型有機ELファインダー 約369万ドット

視野率

約100%

アイポイント

約24mm (接眼レンズ最後尾から)

液晶モニター

3.0型3方向チルト式タッチパネル付きTFTカラー

液晶モニター

アスペクト比: 3:2 ドット数: 約184万ドット

動画 記録方式

MOV: HEVC/H.265,リニアPCM ステレオ (24bit/48KHzサンプリング) MPEG-4 AVC/H.264、リニアPCM ステレオ (24bit/48KHzサンプリング) MP4: MPEG-4 AVC/H.264, AAC

動画圧縮方式

All Intra / Long GOP

記録画素数

 

[6.2K(16:9)]

6240 x 3510 29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[DCI4K HQ(17:9)]

4096 x 2160 29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[4K HQ(16:9)]

3840 x 2160 29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[DCI4K(17:9)]

4096 x 2160 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[4K(16:9)]

3840 x 2160 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[Full HD(17:9)]

2048 x 1080 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[Full HD(16:9)]

1920 x 1080 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 360Mbps/200Mbps/100Mbps/50Mbps

[Full HD(17:9)ハイスピード動画]

2048 x 1080 240p/200p/120p/100p 360Mbps(記録時)/200Mbps(記録時)

[Full HD(16:9)ハイスピード動画]

1920 x 1080 240p/200p/120p/100p 360Mbps(記録時)/200Mbps(記録時)

フィルムシミュレーションモード

PROVIA/スタンダード、Velvia/ビビッド、ASTIA/ソフト、クラシッククローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、クラシックネガ、ノスタルジックネガ、ETERNA/シネマ、ETERNAブリーチバイパス、ACROS、ACROS+Yeフィルター、ACROS+Rフィルター、ACROS+Gフィルター、モノクロ、モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルター、セピア

ホワイトバランス

オート ホワイト優先 / AUTO / 雰囲気優先 カスタム カスタム1~3 色温度(ケルビン値)選択 2500K~10000K プリセット 晴れ / 日陰 / 蛍光灯1 / 蛍光灯2 / 蛍光灯3 / 電球 / 水中

セルフタイマー

静止画 10秒 / 2秒 動画 10秒 / 5秒 / 3秒

ワイヤレス転送部

準拠規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac (無線LAN 標準プロトコル)

デジタル入出力

USB Type-C (USB3.2 Gen2x1)

HDMI出力

HDMIマイクロ端子 (Type D)

その他

ø3.5mmステレオミニジャック(マイク用)

電源

充電式バッテリーNP-W235(リチウムイオンタイプ)

静止画撮影可能枚数

エコノミーモード時: 約740枚 ノーマルモード時: 約580枚 ※XF35mmF1.4R使用時 実撮影電池寿命*2 6.2K: 約90分(29.97p時) 4K: 約80分(59.94p時) Full HD: 約90分(59.94p時)、約100分(120P時) ※顔検出OFF時

質量

バッテリー、 メモリーカード含む: 約557g

動作環境

温度 -10℃~+40℃ 湿度 10%~80%(結露しないこと)

起動時間

約0.49秒

付属品

充電式バッテリーNP-W235(リチウムイオンタイプ) ACパワーアダプターAC-5VJ プラグアダプター 専用USBケーブル ヘッドホン用アダプター ショルダーストラップ ボディーキャップ ホットシューカバー シンクロターミナルカバー 使用説明書 保証書一式

 

商品1点からでも撮影します

まずはお申込み ご利用の流れはこちら