自宅で手軽に!時間やコストをかけずに高品質な商品写真を撮る方法

2023.4.14
自宅で手軽に!時間やコストをかけずに高品質な商品写真を撮る方法

今回のブツ撮りラボでは「自宅で手軽に!時間やコストをかけずに高品質な商品写真を撮る方法」について書かせていただきます!

撮影スタジオのコンサルとしても活躍しているカメラマンがまとめた内容になっておりますので、これから自宅で撮影を検討されている方はぜひ最後までお付き合いください!

【商品撮影とは】

https://butsu.jp/customer

商品撮影とは、商品を魅力的に見せるために、写真を撮影することです。

商品撮影は、通販サイトやオンラインショップなどでの販売に欠かせないものであり、商品の魅力を最大限に引き出すことが求められます。

商品撮影には、商品の性質や使用用途、ターゲット層などに合わせたアングルや撮影方法があります。

【自宅での商品撮影のメリット】

【自宅での商品撮影のメリット】

自宅で商品撮影を行うことのメリットは、以下のとおりです。

1. コスト削減

自宅で商品撮影を行うことで、専門のスタジオを利用する必要がなくなり、コストを削減することができます。

2. 撮影タイミングの自由度

自宅で商品撮影を行うことで、自分の都合に合わせて撮影することができます。

また、季節や天気に左右されないため、撮影タイミングも自由度が高くなります。

3. 自分のペースで作業できる

自宅で商品撮影を行うことで、自分のペースで作業することができます。

忙期などで忙しくなった場合でも、スタジオの予約が取れなくなる心配がなく、自分の都合に合わせて作業することができます。

【自宅での商品撮影の準備】

【自宅での商品撮影の準備】

自宅で商品撮影を行うためには、以下の準備が必要です。

1. 撮影場所の準備

自宅で商品撮影を行う場合、撮影場所を準備する必要があります。

明るい場所であること、風通しの良い場所であることが望ましいです。

また、商品によっては、特定の背景や照明が必要になる場合があります。

2. 撮影機材の準備

撮影機材としては、一眼レフカメラやミラーレスカメラ、スマートフォンなどを利用することができます。

また、三脚やスマートフォンスタンドなども利用することで、撮影の安定性やアングルの調整がしやすくなります。

3. 照明の準備

商品撮影には、適切な照明が必要です。

自然光を利用する場合は、窓から入る光を利用すると良いでしょう。

また人工的な照明を利用する場合は、撮影機材に合わせた照明を用意することが重要です。

撮影機材によっては、フラッシュやライトボックスなどを利用することもあります。

4. スタイリングの準備

商品の魅力を引き出すためには、スタイリングが重要です。

商品を適切に配置したり、アクセサリーや小道具を利用することで、商品の魅力を最大限に引き出すことができます。

【自宅での商品撮影のポイント】

【自宅での商品撮影のポイント】

自宅で商品撮影を行う際には、以下のポイントに注意することが大切です。

1. 背景に気を配る

商品の背景は、商品の印象を大きく左右します。

白い背景を使うことで、商品の色や形を引き立たせることができます。

また、特定の季節やイベントに合わせた背景を利用することで、商品の魅力を引き出すことができます。

2. アングルを変える

商品のアングルを変えることで、商品の魅力を引き出すことができます。

商品の特徴や使用用途に合わせて、正面からのアングルや斜めからのアングルなど、様々な角度から撮影することが重要です。

3. サイズ感を伝える

商品のサイズ感を伝えることも重要です。

商品を手に持ったり、比較対象となるものを置いたりすることで、商品の大きさをイメージしやすくなります。

4. 詳細を撮影する

商品には、細かな部分やディテールがある場合があります。

これらの詳細部分も撮影しておくことで、商品の魅力を引き出すことができます。

5. 編集に注意する

撮影した写真には、明るさやコントラスト、色合いなどを調整する必要があります。

しかし、過剰な編集は商品の実際と異なる印象を与えることがあるため、適度な編集を心掛

けるようにしましょう。

【自宅で商品撮影をする際の工夫】

【自宅で商品撮影をする際の工夫】

自宅で商品撮影を行う際には、以下のような工夫をすることでより効果的な撮影が可能となります。

1. ホワイトバランスを調整する

商品の色合いを正確に再現するためには、撮影時のホワイトバランスを正確に設定する必要があります。

撮影機材によっては、自動で調整する機能がついているものもありますが、手動で調整することも可能です。

2. シャドウを調整する

商品のシャドウが強くなりすぎると、商品が暗く見えてしまいます。

シャドウを軽減するために、照明の配置や撮影アングルを調整することが重要です。

3. 反射を防ぐ

商品の表面に反射が生じると、商品の色合いや形状が正確に再現されなくなります。

反射を防ぐためには、照明の配置や背景の選択に注意することが重要です。

4. レタッチを行う

撮影した写真には、必ずしも完璧なものが得られない場合があります。

このような場合には、レタッチソフトを利用して修正を行うことができます。

例えば、明るさやコントラストの調整、ノイズの除去、背景の消去などが可能です。

【まとめ1】

https://butsu.jp/customer

結論を申し上げますと自宅でも簡単に商品撮影を行うことができます。

撮影機材の準備や照明の調整、スタイリングの工夫などを行うことで商品の魅力を最大限に引き出すことができます。

また、撮影した写真には、適度な編集やレタッチを行うことで、より効果的な商品写真を作成することもできます。

自宅で商品撮影を行う場合は照明や背景、スタイリングなど、撮影環境を整えることが大切で撮影機材の選定や写真の編集・レタッチについてもしっかりと準備をすることが必要です。

自宅で商品撮影をする際には、まずはカメラやスマートフォンを使用することをおすすめします。

カメラは高画質で、色味もきれいに再現できますが、スマートフォンでも品質の高い写真が撮れるようになっています。

また、三脚を使用することで手ぶれを軽減し、安定した写真を撮ることができます。

照明については、自然光を使うのが理想的ですが、室内での撮影の場合は、照明機材を使う必要があります。

LEDライトなどの照明器具を使い、商品に均一に照明をあてるようにしましょう。

また、商品のシャドウを軽減するために、裏側からも照明をあてると効果的です。

背景については、商品を引き立たせる色味や柄を選ぶことが重要です。

商品と同じ色の背景を使うと、商品が際立ちやすくなります。

また、壁面を使ったDIY背景や、布を使った手作り背景もおすすめです。

スタイリングについては、商品を美しく見せるために、細かいディテールにも気を配る必要があります。

商品の表面についたホコリや汚れを落とし、シワのない状態に整えることが大切です。

また、商品のアングルを変えたり、アクセサリーや小物を使って、より美しい写真を撮ることができます。

最後に、撮影した写真には適度な編集やレタッチを加えることが重要です。

明るさやコントラストの調整、背景の消去、ノイズの除去など、様々な加工ができます。

しかし、過剰な加工は商品の魅力を損なう原因になりますので、適度な加工を心がけましょう。

以上が、自宅で簡単に商品撮影を行うための方法や工夫です。

撮影機材や照明、機材、背景、スタイリング、編集・レタッチについて、それぞれ詳しく説明していきます。

【撮影機材の選び方】

【撮影機材の選び方】

自宅での商品撮影においては、カメラやスマートフォンを使用することが一般的です。

カメラの場合は、高画質で、撮影する商品の色味や質感を忠実に再現することができます。

また、三脚を使用することで、手ぶれを軽減し、より安定した写真を撮ることも可能ます。

スマートフォンの場合は、品質が向上しており、多くの場合、カメラと同様の品質の写真が撮れるようになっています。

特に最新のスマートフォンには、専用のカメラアプリが搭載されており、簡単にプロ並みの写真が撮れるようになっています。

商品撮影には、マクロレンズが必要な場合もあります。

マクロレンズを使用することで、商品の質感や細かいディテールを表現することができます。

また、レンズの種類によっては、より美しいボケを表現することができるため、商品の存在感を高めることができます。

【照明の設定方法】

商品撮影においては、照明の設定が重要です。

自然光が一番美しく、自然な色味を再現できますが、室内での撮影の場合は、照明器具を使用する必要があります。

LEDライトなどの照明器具を使い、商品に均一に照明をあてるようにしましょう。

照明器具を直接当てると、商品にシャドウができてしまうため、反射板などを使用して、間接的に照明を当てるようにすると良いでしょう。

また、裏側からも照明をあてることで、商品のシャドウを軽減することができます。

【背景の選び方】

商品撮影においては、背景の色味や柄を選ぶことが重要です。

商品と同じ色の背景を使うと、商品が際立ちやすくなります。

また、白色やグレー色の背景を使うことで、商品の色味をより鮮明に表現することができます。

さらに、DIY背景として、コンクリート風の背景紙を使うこともできます。

白やグレーの背景に、コンクリート風の柄をつけることで、シックでおしゃれな雰囲気を表現することができます。

また、背景のテクスチャーによっても、商品のイメージが変わるため、商品の特徴やイメージに合わせて、背景を選ぶことが重要です。

【スタイリングのコツ】

商品撮影においては、スタイリングが非常に重要です。

商品の特徴や魅力を引き出すようなスタイリングを心がけましょう。

まず、商品の特徴を把握し、それを強調するようなスタイリングをすることが大切です。

商品が持つ雰囲気やイメージに合わせて、小道具を使ってアレンジすると、より商品が魅力的に見えるようになります。

また、商品のサイズや形状に合わせて、背景や小道具の大きさや配置を調整することも重要です。

商品が十分に映えるように、背景や小道具をセットすることが大切です。

【編集・レタッチのポイント】

商品撮影においては、編集・レタッチも重要です。

写真の明るさやコントラスト、色味を調整することで、より美しい仕上がりにすることができます。

写真編集アプリやソフトウェアを使用して、商品の色味や明るさ、コントラストなどを調整することができます。

また、不要な影や汚れを消去したり、背景を透明にしたりすることもできます。

しかし、編集・レタッチをしすぎると、商品の実物と異なる印象を与えてしまうことがあるため、自然な仕上がりを心がけることが重要です。

以上が、自宅で簡単にできる商品撮影の方法です。

機材や照明、背景、スタイリング、編集・レタッチのポイントを押さえて、より美しい商品写真を撮影しましょう。

【消費者が求めるポイント】

【消費者が求めるポイント】

以上で紹介した商品撮影の方法に加えて、以下にさらに追加のアイデアを紹介します。

・天窓や窓際を利用する

自然光を利用することで、より自然な仕上がりの商品写真を撮影することができます。

天窓や窓際に置いて、自然光を受けながら商品を撮影する方法です。

ただし、天候や時間帯によって光の条件が変わるため、コンスタントな撮影を行うには注意が必要です。

・スタジオレンタルを利用する

自宅での商品撮影に不安がある場合は、スタジオレンタルを利用する方法もあります。

機材や照明、背景などが揃っており、プロのフォトグラファーのアドバイスも受けられるため、より高品質な商品写真を撮影することができます。

レンタル料金はかかりますが、自分で用意するよりも手軽に高品質な商品写真を撮影することができます。

・動画を撮影する

商品撮影において、動画を撮影することも重要です。

商品の特徴や魅力をより詳しく伝えることができるため、動画は商品の購買意欲を高める効果があります。

自宅でもスマートフォンのカメラを使って、簡単に商品動画を撮影することができます。

【まとめ2】

【まとめ2】

自宅での商品撮影は、機材や照明、背景、スタイリング、編集・レタッチなど、多くの要素が重要です。しかし、上記のポイントを押さえて、少し工夫をすることで、美しい商品写真を撮影することができます。

商品の魅力を引き出すようなスタイリングや、自然な仕上がりにこだわることが重要です。

また、商品動画も重要な要素であるため、併せて取り入れることをおすすめします。

自宅で商品撮影を行う場合、まずは撮影用の機材を準備しましょう。

スマートフォンのカメラでも綺麗な商品写真を撮影することができますが、より高品質な写真を撮影する場合は、一眼レフカメラやミラーレスカメラなどのカメラを使用することをおすすめします。

また、三脚やリモートシャッターなどのアイテムもあると、撮影中の手ぶれやピントのズレを防ぐことができます。

次に、照明を調整しましょう。

自然光を利用する場合は、天窓や窓際を利用すると良いでしょう。

人工光源を使う場合は、白色熱光のライトを選び、ライトの位置を調整して均一な照明を確保しましょう。

商品の背景には、白色やグレー、黒色などの無彩色の背景を使うことをおすすめします。

また、背景に模様やテキストを入れると商品が際立ちにくくなるため、シンプルな背景を使うようにしましょう。

商品のスタイリングには、商品の特徴や魅力を引き出すようにしましょう。

商品を使ったり、周りに小物を置いたりすることで、より魅力的な商品写真を撮影することができます。

最後に、編集・レタッチを行いましょう。

基本的には、撮影時にできるだけ自然な仕上がりを目指すことが重要ですが、色合いやコントラスト、明るさなどを調整して、美しい商品写真を完成させましょう。

以上のポイントを押さえて、自宅で簡単に商品撮影を行うことできます。

自宅での商品撮影は、コストを抑えられるだけでなく、撮影の自由度が高く、時間的制約が少ないため、多くの方におすすめです。

商品撮影の際には、撮影用機材や照明、背景、スタイリング、編集・レタッチなど、多くの要素が重要であることが分かりました。

初めての方には、スマートフォンのカメラでの商品撮影から始めて、少しずつ機材や照明を充実させ、より高品質な商品写真を撮影するようにしていくと良いでしょう。

また、自宅での商品撮影だけでなく、写真撮影アプリや編集アプリ、オンラインの写真加工サービスを利用することで、より美しい商品写真を撮影することができます。

ぜひ、上記のポイントを参考にして、自宅での商品撮影に挑戦してみてください。

商品撮影をプロに依頼するには?

https://butsu.jp/customer

商品を販売する際に、魅力的な商品画像は欠かせません。

しかし、自社で商品撮影を行うのはコストも時間もかかります。

そこで、商品撮影専門のサービス「物撮り.jp」が注目されています。

「物撮り.jp」は、高品質な撮影技術を誇るプロのカメラマンによる商品撮影サービスです。

商品の特徴を最大限に引き出すために、光の当たり方や角度などを緻密に考慮し、魅力的な商品画像を提供します。

撮影方法にも様々な種類があり、商品の特性や顧客のニーズに合わせて最適な撮影方法を提案してくれるため、自社で行う場合に比べて高いクオリティを実現することができます。

「物撮り.jp」の便利な点は、ネット上で簡単に注文ができることです。

注文から納品までの期間も短く、スピーディーに撮影してくれるため、販売計画に合わせて依頼することができます。

また、自社で撮影する場合に比べてコストも抑えられるため、小規模な事業者や個人でも気軽に商品の魅力を引き出すこともできます。

「物撮り.jp」のカメラマンは、商品の細かい部分まで理解しているため、撮影に際してのアドバイスももらえます。

依頼者の目的やニーズを把握して、最適な撮影方法を提案してくれます。

このように、撮影技術だけでなく、スタッフの知識やアドバイスも充実しているのが「物撮り.jp」の魅力のひとつです。

最後に、手頃な価格設定も「物撮り.jp」の魅力のひとつです。

高品質な撮影を手軽に利用できるよう、手頃な価格設定となっています。そのため、中小企業や個人でも、気軽に商品を魅力的に撮影することができます。

「物撮り.jp」のサービス特徴で人気なのは、商品撮影にこだわりたい企業や個人にとって、魅力的なオプションです。

商品を販売するためには、その商品の特徴を最大限に引き出すことが不可欠です。

そのためには、高品質な商品画像を提供することも必要不可欠です。

自社で商品撮影を行う場合、コストも時間もかかりますが、「物撮り.jp」を利用することで、手軽に高品質な商品撮影を行うことができます。

是非とも「物撮り.jp」にまずはご相談ください!

商品1点からでも撮影します

まずはお申込み ご利用の流れはこちら