夏のメイン商品である水着(スイムウェア)の売れる商品撮影方法をお伝えします。

2022.3.30
夏のメイン商品である水着(スイムウェア)の売れる商品撮影方法をお伝えします。

いつも商品撮影について様々なテーマで書かせていただいているブツ撮りラボですが、今回書かせていただくテーマは『夏のメイン商品である水着(スイムウェア)の売れる商品撮影方法』についてお伝えさせていただきます。

水着(スイムウェア)は夏の海水浴やプールなどレジャー用で販売されることが多く、主に夏に合わせてユーザーが購入する商品です。

通年売れ続ける商品ではないので、季節に合わせた販売戦略が必要になる商品ですので、商品撮影のプロから見た『売れる水着(スイムウェア)の商品撮影』を詳しく解説させていただきます。

水着(スイムウェア)とは?

水着(スイムウェア)とは?のイメージ

そもそも水着(スイムウェア)とはなんでしょうか。

水着(スイムウェア)とは主にプールや海で遊泳するための着衣として様々な用途に合わせて着水ように製作された衣類のことです。

1800年以前は水着(スイムウェア)のような入水用の専門の着衣はなく、下着や衣類を着用せずに泳いでいたのですが、1900年代から美雨に濡れても肌がすけない生地が開発され今の水着(スイムウェア)のような衣類が完成し今の水着(スイムウェア)まで進化していった経緯があります。

今では、水着(スイムウェア)にも男性用、女性用など分けられておりますので次はそれぞれの性別の水着(スイムウェア)についてご紹介させていただきます。

女性(レディース)用水着

まずは女性用の水着(スイムウェア)について紹介させていただきます。

女性用の水着(スイムウェア)は男性用に比べ様々な種類がありますので、ご紹介させていただきます。

ビキニタイプの水着

まずは女性特有の水着(スイムウェア)でもあるビキニと言われるビキニタイプの水着についてご紹介させていただきます。

ビキニタイプの水着(スイムウェア)はツーピース水着とも言われており、トップスとボトムスが分けられている水着(スイムウェア)となります。

その中でもビキニは『布面積の小さい』の意味合いもあります。

ワンピースタイプの水着

ワンピースタイプの水着とはワンピースのようにトップスとボトムスが繋がっている水着となっており、多くの女性から指示を受けている水着となっております。

ワンピースタイプの水着とはスカートやパレオなど腰に巻くアイテムも付属している場合もあり、水着でも極力露出を控えたい女性に人気のある水着(スイムウェア)です。

ラッシュガード

ラッシュガードは他の水着とは違い、ビキニやワンピースタイプの水着(スイムウェア)の上から着用する水着(スイムウェア)となっております。

トップスの長袖となっており、紫外線やクラゲなどの有害生物から体を守るために作られた水着(スイムウェア)となっておりますが、こちらも露出を控えたい女性に多く支持されている水着(スイムウェア)となっております。

他にスイムレギンスなどのラッシュガードに近いボトムスの水着も販売されております。

ウェットスーツ

ウェットスーツは季節ごとの水温に合わせたシュノーケルやダイビングに特化した水着(スイムウェア)となっております。

全身を覆う形状であることが特徴的な水着(スイムウェア)となっており、ダイビングなどのマリンレジャーに必ず必要な水着(スイムウェア)となっております。

競泳水着

競泳用の水着は名前の通り競泳競技用の水着(スイムウェア)です。

主にワンピースタイプの水着(スイムウェア)となっておりますが水中の抵抗を極力減らすために体に極力フィットする仕様となっており、スパッツや全身スーツのような水着(スイムウェア)まである競泳選手のために開発された水着(スイムウェア)です。

男性(メンズ)用水着

次は男性用の水着(スイムウェア)についてご紹介させていただきます。

男性用の水着(スイムウェア)は主にボトムスのみの場合が多いのですが、そのボトムスの丈の長さによって名称が変わりますので、それぞれの水着(スイムウェア)についてご紹介させていただきます。

ビキニパンツタイプ

ビキニパンツタイプの水着(スイムウェア)は主に男性用のブリーフタイプの最も着衣面積の少ない水着(スイムウェア)となっております。

ボディービルなどの筋肉を鍛えた男性に愛用される水着(スイムウェア)となります。

サーフパンツタイプ

サーフパンツタイプの水着(スイムウェア)は最も男性に購入されている水着(スイムウェア)でプールや海水浴、サーフボードまで活用できる水着(スイムウェア)となっております。

男性のほとんどはこのサーフパンツタイプの水着(スイムウェア)を1着は持っているのではないでしょうか。

ボックスタイプ

ボックスタイプの水着(スイムウェア)についてご紹介させていただきます。

ボックスタイプはスイミングスクールやジム施設などの運動用の水着(スイムウェア)です。

この水着(スイムウェア)はビキニパンツタイプよりも生地面積が多く、年齢問わず、スポーツジムなどで泳ぐ多くの男性に愛用されている水着(スイムウェア)となっております。

ウェットスーツ

ウェットスーツは季節ごとの水温に合わせたシュノーケルやダイビングに特化した水着(スイムウェア)となっております。

全身を覆う形状であることが特徴的な水着(スイムウェア)となっており、ダイビングなどのマリンレジャーに必ず必要な水着(スイムウェア)となっております。

競泳水着

競泳用の水着は名前の通り競泳競技用の水着(スイムウェア)です。

主にビキニタイプやスパッツタイプのの水着(スイムウェア)となっておりますが水中の抵抗を極力減らすために体に極力フィットする仕様となっており、スパッツや全身スーツのような水着(スイムウェア)まである競泳選手のために開発された水着(スイムウェア)です。

水着(スイムウェア)の商品写真の重要性

水着(スイムウェア)の商品写真の重要性のイメージ

では、次に水着(スイムウェア)の商品写真の重要性についてご紹介させていただきます。

水着(スイムウェア)の商品はただ撮影すれば売れるわけではありません。

水着(スイムウェア)の商品撮影の重要性を理解した上で商品を撮影するとでは売れ行きも大きく影響いたしますので、合わせてご理解いただければ幸いです。

ECなどのネットショップで販売するため

まずはECなどネットショップで水着(スイムウェア)を販売するための重要性についてご紹介させていただきます。

今では楽天市場などのネットショップで水着(スイムウェア)などの商品を購入することが当たり前になり、数多くのショップから自身の店舗でどうやって水着(スイムウェア)をユーザーに購入してもらうかを考えなければいけません。

いくらでブランド商品やデザインに優れた水着(スイムウェア)であっても商品撮影の見せ方によっては全く売れないといったことも珍しくはありません。

水着(スイムウェア)の商品撮影は主に撮り方や撮影者によって大きく変わってしまうのですが、他との見せ方の違いにこだわるのか‥。
他店と合わせた撮り方を行うのか‥。
など悩むことかと思いますが、基本的には水着(スイムウェア)のデザインがシンプルに伝わる商品写真、着用感の伝わる商品写真を伝えることには変わりありません。

水着(スイムウェア)の商品撮影は店舗によって見せ方が異なりますが、自身の店舗の見せ方をまずは見つけることが重要であると考えられます。

SNSで活用するため

水着の商品写真をSNSで活用するためのイメージ

水着(スイムウェア)の商品撮影はネットショップに掲載するだけでは多くの商品を販売することはできません。

ネットショップ以外でも自身のショップを宣伝することも重要です。

今ではSNSなど多くのオンライン上で水着(スイムウェア)などの紹介や店舗のクーポンなど配布できるツールが多く存在するので、そこで水着(スイムウェア)を販売するためにSNSなどを活用しない手はございません。

SNSでも多くのユーザーに水着(スイムウェア)などの商品の情報を届けるためには水着(スイムウェア)の商品写真のクオリティーも必ず影響しますので、せっかく水着(スイムウェア)の商品写真を撮影するのであれば、SNSにも流用できるような素材を撮影することをオススメいたします。

ブランド力を向上させるため

水着のブランド力を向上させるためのイメージ

最後にご紹介する商品撮影の重要性はネットショップをブランド化するためのブランド力の向上を目的とした商品撮影です。

水着(スイムウェア)のメーカーやブランドの水着(スイムウェア)の撮り方は必ず撮影方法を統一します。

この商品撮影で水着(スイムウェア)の撮り方を統一することで水着(スイムウェア)のブランドや販売店に安心感や高級感が表現されるので、商品撮影の撮り方1つで自身のショップにファンをつけることも可能です。

水着(スイムウェア)などの商品を多く販売する場合は撮り方を統一することで無意識のうちに商品を閲覧するストレスも軽減されるので、販売につながる確率が上がりますので、水着(スイムウェア)の商品撮影をする場合はぜひ撮り方を統一してみてはいかがでしょうか。

水着(スイムウェア)の撮影方法

水着(スイムウェア)の撮影方法のイメージ

次に水着(スイムウェア)の商品撮影の基本的な撮影方法についてご紹介させていただきます。

水着(スイムウェア)は撮り方によっても見え方が大きく変わってしまう商品ですが、その撮り方の特徴を知ることで販売する水着(スイムウェア)をユーザーにどう見せたいかがわかってくる内容です。

トルソー着用での商品撮影

水着のトルソー着用での商品撮影のイメージ

まずはトルソー着用での水着(スイムウェア)の商品撮影の撮り方です。

トルソーはマネキンとも言われ水着(スイムウェア)の着用感が最大限に表現できる撮影方法です。

競泳水着で多いのですが、トルソーに着用して水着(スイムウェア)の商品撮影を行いトルソー部分を写真編集によって削除し、水着(スイムウェア)だけが浮いているような見せ方をするケースが多いです。

他にも海水浴などのレジャー用の水着(スイムウェア)の撮影でもモデル撮影の代わりに商品写真の着用感を表現するためにも用いられておりますので、ユーザー自身も着用イメージを想像しやすい水着(スイムウェア)の撮り方となっております。

ハンガーがけでの商品撮影

次にご紹介させていただくのはハンガーがけで水着(スイムウェア)の商品撮影の撮り方です。

このハンガーがけで水着(スイムウェア)の商品撮影を撮影するメリットは水着(スイムウェア)の自然なフォルムを表現でき、水着(スイムウェア)の緩やかなシルエットが表現できるという点です。

ハンガーがけでの商品撮影はイメージ撮影などでも使用することができるので、ネットショップのバナーなどでも使用できる撮り方となっております。

平置きでの商品撮影

水着の平置きでの商品撮影のイメージ

平置きで水着(スイムウェア)の商品撮影についてご紹介させていただきます。

平置きでの水着(スイムウェア)の商品撮影のメリットは何と言っても自由なシルエットで商品写真が撮影できるという点です。

平置きでの水着(スイムウェア)の撮り方はカジュアルブランドなどのカタログにも利用されているほど、人気の撮影方法でネットショップ様でも平置きで水着(スイムウェア)を撮影する店舗もとても多い印象です。

水着(スイムウェア)の売れる商品撮影とは

も平置きで水着(スイムウェア)を撮影する店舗もとても多い印象です。  水着(スイムウェア)の売れる商品撮影とはのイメージ

では、水着(スイムウェア)の売れる商品撮影とは?
についてご紹介させていただきます。

水着(スイムウェア)をネットショップでしっかりと販売していくには『売れる商品撮影』を行わなければいけません。

その『売れる商品撮影』についてオススメの撮り方からご紹介させていただきます。

モデル撮影と平置きの掛け合わせ

水着(スイムウェア)の『売れる商品撮影』はズバリ申し上げますとモデル撮影(トルソー撮影)と平置きを掛け合わせた商品撮影の撮り方をオススメさせていただきます。

水着(スイムウェア)は男性用や女性用など着用した際の丈の長さも気になる方もとても多いです。

もしろ水着(スイムウェア)の丈の長さで水着(スイムウェア)を選ぶ方も少なくはないはずです。

そのため水着(スイムウェア)のメイン写真はモデル着用もしくはトルソー着用の撮り方を行い、サブ写真として平置きで正面、前後、詳細などの商品写真を平置きで撮影することで水着(スイムウェア)の商品写真を魅力的にユーザーに伝えることができるのです。

モデル(トルソー)撮影のポイント

では、モデル(トルソー)で水着(スイムウェア)の商品撮影を行うポイントについてご紹介させていただきます。

  1. 水着(スイムウェア)のシワは必ず除去してから撮影しましょう。
  2. 水着(スイムウェア)の特徴的なデザインが伝わるようなアングルで撮影しましょう。
  3. 水着(スイムウェア)のシルエットを極力自然なフォルムに調整しましょう。
  4. 着用感が伝わるような動きのある撮り方をしましょう。
  5. 水着(スイムウェア)が立体的に表現できるように背景の色味を極力白に近づけましょう。

平置きのポイント

では、平置きで水着(スイムウェア)の商品撮影を行うポイントについてご紹介させていただきます。

  1. 平置きでも水着(スイムウェア)の立体感が感じれるように撮影しましょう。
  2. 水着(スイムウェア)のシルエットを作る際は左右対象を意識して調整しましょう。
  3. 水着(スイムウェア)の詳細まで伝わるよう背景と同化しないように注意して照明をセッティングしましょう。
  4. 水着(スイムウェア)の色合いを忠実に表現するようにホワイトバランスを調整しましょう。

水着(スイムウェア)の撮影に困ったら

水着(スイムウェア)の撮影に困ったらのイメージ

では水着(スイムウェア)の撮影に困ったらどうすればよいのでしょうか。

多くの方はまず「カメラマンに依頼する」と考えられるかと思います。

しかし水着(スイムウェア)などの商品撮影に関してカメラマンに依頼するより良いサービスがありますので、ご紹介させていただきます。

安心できる専門サービスに依頼しよう

それは安心できる商品撮影サービスに依頼するということです。

水着(スイムウェア)などの商品撮影はプロのカメラマンよりも商品撮影の専門家でもある撮影サービスに依頼することで、より商品撮影にかかるコストが抑えれるので撮影費用が格段に安くすることができます。

本来の商品撮影はカメラマン撮影費+撮影スタジオ費+移動費などの諸経費が必要になりますが、商品撮影サービスは商品の郵送費+1商品ごとの撮影費のみですので合計の撮影費が格段に変わってきます。

では、オススメの商品撮影サービスをご紹介させていただきます。

物撮り.jpってご存知ですか?

物撮り.jpのイメージ

商品撮影サービスで最もお客様満足度の高い『物撮り.jp』についてご存知でしょうか?
水着(スイムウェア)などの商品撮影も1カット500円(税込)で1商品から商品撮影が依頼できるお客様に寄り添った商品撮影サービスです。

商品撮影の依頼後はお客様の専門マイページより商品撮影の新着状況など随時報告されるのでお客様にとっても安心感のある商品撮影サービスとなっております。

水着(スイムウェア)の商品撮影も多くのブランド様やメーカー様からもご依頼いただいておりますので、水着(スイムウェア)の商品撮影についてお悩みの方は物撮り.jpまでご相談くださいませ。

商品1点からでも撮影します

まずはお申込み ご利用の流れはこちら