ベルトの商品撮影について商品撮影専門のカメラマンがベルトの撮影方法大解説させていただきます!

2022.3.30
ベルトの商品撮影について商品撮影専門のカメラマンがベルトの撮影方法大解説させていただきます!

ファッションアイテムの中で商品撮影の際に皆様にとってお悩みになるでであろうベルトの商品撮影を解説させていただきます。

ベルトの商品撮影がこの記事を読んでいただけるだけで解決できる様にしっかりとベルトの商品撮影について解説させていただきますので、皆様最後までお付き合い頂けましたら幸いです。

順を追ってご説明させていただきますのでベルトの商品撮影についてしっかり理解できる様にしましょう。

ベルトとは?

ベルトとは?のイメージ写真

そもそもベルトとはなんでしょうか?
ベルトとは主に腰の部分に着用し、パンツやスカートなどの着衣がずれないように固定するために利用する商品です。

メンズ、レディースなどカジュアルからフォーマル、ビジネスシーンなどで多くの場面や流行に合わせた新しいベルトがどんどんと発表され、多くのブランドから販売されている商品でもありファッションアイテムとしては欠かせない商品となっております。

ベルトの種類の紹介

ベルトは様々な種類があり、種類によって名称が異なります。

次にそれぞれのベルトの名称と特徴をご紹介させていただきますので、これからベルトを販売する予定の方やベルトのラインナップを増やしていきたい方はチェックしてください。

プレーンベルト

プレーンベルトは最もスタンダードなベルトでビジネスシーンからカジュアルまで多くの商品が販売されているベルトとなります。

ベルトに穴が空いており、この穴にバックルの針を刺して長さを固定しズボンなどに装着するベルトとなります。

プレーンベルトはファッションコーディネートなどでは最もシンプルでファッションを邪魔しないシンプルなベルトになっており、流通しているベルトの半数はこのプレーンベルトとなります。

リングベルト

リングベルトとは主にベルトにバックルの代わりにリングが2つついていおり、このリングにベルトを挟むことによってパンツなどの着衣を固定する仕組みになっております。

リングベルトの特徴はベルト穴がないことで自分の腰回りに的にたサイズで合わせることができるので、ベルト穴によって大きすぎたり、小さすぎたりと着用のストレスが少ないことも特徴でしょう。

ベルトが布製でできていることも多いので、カジュアルのコーディネートに最適なベルトともいえるでしょう。

GIベルト(ガチャベルト)

GIベルトとは別名ガチャベルトとも言われ、バックル部分が金属室でできており中に固定ピンがあり、このピンを固定する際に「ガチャガチャ」と音がすることからガチャベルトとも言われるようになったベルトです。

このベルトもベルト穴がないため、自分にあったポイントでズボンなどの着衣を固定するベルトとなっており、リングベルトほどカジュアルではないので、フォーマルなシーンでも愛用されているベルトとなっています。

紐ベルト

紐ベルトは他のベルトと違ってパンツを固定するというよりもファッションのアクセントポイントとして表現するために使用されるベルトです。

主に硬い細めの革でできており、いろいろな結び方ができるので女性ならではの『遊びのできるファッション』としてカジュアルシーンに適したベルトとなっております。

紐ベルトと同じようにスカーフベルトやロープベルトなどもこの使い方として女性に人気のベルトです。

コルセットベルト

コルセットベルトは他のベルトと違い衣類のベルトループなどを使用しないタイプのベルトです。

使い方はワンピースやデニムの上から腰部分に装着し、女性らしいウエストの表現するためのファッションベルトです。

コルセットベルトは元々はインナーベルトとして使用されていたものがファッションの進化により流行に合わせたデザインになったベルトでこれからどんどん新しいコルセットベルトが展開されるのではないでしょうか。

スカーフベルト

スカーフベルトは紐ベルト同様、ファッションのポイントとして遊び心が表現されるベルトです。

このベルトはスカーフベルトとして販売されている商品もありますが、普通のスカーフをベルトとして流用しても使えるファッションを楽しめるベルトとなっております。

スカーフリングを使うことでよりファッション上級者として注目されるベルトでしょう。

ダブルピンベルト(2つ穴ベルト)

ダブルピンベルト(2つ穴ベルト)はプレーンベルトのようにベルトに穴があり、ピンが2つある特徴的なベルトとなっております。

特徴としてはメンズ用にも見えますが、レディース用もありボーイッシュファッションやパンクロックな着こなしもできますがフェミニンなファッションにもアクセントとして使いやすいベルトです。

着衣を固定するだけでなく、見た目にも最もインパクトのあるベルトではないでしょうか。

ビジネスベルト

ビジネスベルトは名前の通りビジネス用にデザインされたベルトです。

このビジネスベルトはスーツなどに合わせたシックな革で派手すぎないデザインが特徴です。

またビジネスで使用されるとのことでほぼ毎日使用されることを想定し、使われている革も丈夫な革が使われていることが多いので、丈夫さにも定評があるベルトとなっております。

ベルトの撮影方法

では、本題のベルトの撮影方法についてご紹介させていただきます。

ECサイトなどで販売するためのベルトの商品撮影の撮り方は主に白背景でシンプルに撮影するか、モデル着用で着用イメージが伝わるかのどちらかに振り分けられることが多いのですが、みなさまはどの撮り方をされていますでしょうか?
では、次にそれぞれの撮り方のメリットについてご紹介させていただきます。

モデル撮影でのベルトの撮り方

モデル撮影でのベルトの撮り方についてご紹介させていただきます。

モデル撮影は主に商品の着用感を表現するために撮影します。

しかし、ベルトは通常の着用すると見えにくい商品ですのでベルトをアップで撮影する必要があります。

この際に左右どちらかに寄せた状態で撮影することでバナーやSNSのイメージ写真にも活用することができるので、ベルトのモデル撮影の際はどちらかに寄せて撮影をし、広すぎない商品写真になるように注意しましょう。

白背景で商品撮影のベルトの撮り方

白背景で商品撮影のベルトの撮り方のイメージ

次に白背景でベルト単体で商品撮影を行う撮り方についてご紹介させていただきます。

ベルトを白背景で撮影するメリットは何と言ってもベルトの特徴や詳細をユーザーにダイレクトに伝えることができることが最大のメリットでしょう。

また楽天市場などのECモールでベルトを販売する際にはベルトの商品写真の画像サイズまでしっかりと作り込んで撮影に入らなければいけません。

ECなどで商品を販売される方は規定や推奨のサイズの確認をあらかじめすることをオススメいたします。

ベルトの商品撮影を自身で撮影するには

では、ベルトの商品撮影を自身で撮影するにはどうすれば良いか?
についてご紹介させていただきます。

これから紹介する自身で撮影する商品撮影の方法は他の商品にも共有で使える情報となっているので、しっかりとご理解いただければ幸いです。

商品撮影をする撮影機材を準備しましょう。

商品撮影をする撮影機材を準備しましょう。のイメージ

商品撮影をする上で必要な撮影機材を準備しましょう。

すでにお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、初めて商品撮影を行う方のためにご紹介させていただきます。

  1. 撮影用の白背景(背景の大きさは幅が2m,長さが3m以上の背景をオススメします。)
  2. 撮影用背景を立てるための撮影背景ポール
  3. 照明機材(メインライト、フィルメントライト、バックライト合わせて最低4灯以上用意することをオススメいたします。)
  4. 商品撮影用の高解像のカメラとレンズセット
  5. 撮影カメラの重量に適応した三脚
  6. 商品の色を合わせるためのカラーチャート
  7. 商品写真を編集するための高スペックなパソコン。

これがベルトなどの商品撮影を行うための最低の撮影機材となっております。

商品撮影を自分で行うためのポイント

商品撮影を自分で行うためのポイントのイメージ

では、商品撮影を自身で行うためのポイントについてご紹介させていただきます。

ベルトの商品撮影には他にはないポイントがありますので注意点として、ご理解いただければしっかりとベルトの商品撮影が自身でも可能となります。

では、ベルトの撮影ポイントです。

  1. ベルトは立体的な巻き方で全体写真を撮影する。
  2. ベルトにあたる光は均一化する。
  3. 白背景の色味も均等化し、極力白くするように調整する。
  4. ベルトの立体感が伝わるように照明の角度を調整する。
  5. バックルなど金属部分が暗くならないように注意し、素材の雰囲気を伝えれるうような照明に調整する。
  6. カメラのピントが全体に合うように最低F10まで絞った設定を行う。

このようにベルトの商品撮影には細かい注意点が必要です。

ベルトの商品撮影を自分でうまく撮れないなら

商品撮影は実際に時間も労力も場所も撮影機材を用意するために多大な出費が必要となります。

ベルトの商品撮影について多くご紹介させていただきましたが、いかがでしょう。

自身で撮影するイメージができた方もいれば、自身では難しい‥と判断された方も多いかと思います。

では、自身でベルトの商品撮影をうまく撮れない方やカメラマンに依頼したい場合は、どうすれば良いかをご紹介させていただきます。

商品撮影専門サービスを利用をおすすめ

商品撮影専門サービスを利用をおすすめ

ベルトの商品撮影は商品撮影サービスの利用をオススメさせていただきます。

商品撮影サービスとは商品撮影の依頼から撮影写真の納品までほとんどオンラインで完結することができ、商品撮影に立ち合いも必要のないことから有名ブランドや有名ショップ様なども利用しているサービスです。

しかし今現在、商品撮影サービスが存在しますが何を基準に選べば良いかをご紹介させていただきます。

商品撮影サービスを選ぶポイント

商品撮影サービスを選ぶポイントについてご紹介させていただきます。

商品撮影は主に撮影料金だけで選ばれることが多いですが、そこには落とし穴もあり、結果取り直しや大量の商品を依頼する必要があったりと使いやすさにかけることも多いです。

では、商品撮影サービスを選ぶポイントです。

  1. 1商品から依頼できるサービスを選びましょう。
  2. 商品撮影の最低撮影金額の設定がないサービスを選びましょう。
  3. 商品撮影の撮影実績が豊富に掲載されている撮影サービスを選びましょう。(物撮り.jpのベルトの撮影実績紹介)
  4. 商品撮影の依頼方法が簡単なサービスを選びましょう。
  5. 決済方法がクレジット決済が可能な商品撮影サービスを利用しましょう。

このように良い商品撮影サービスを選ぶにはポイントがあります。

このポイントさえクリアできる商品撮影サービスであれば安心して依頼することができるサービスと言えるでしょう。

ぜひ、皆様にとって最適な商品撮影サービスを見つけてくださいませ。

このブツ撮りラボを書かせていただいている物撮り.jpでもベルトの商品撮影を代行させていただいておりますので、宜しければご利用くださいませ。

商品1点からでも撮影します

まずはお申込み ご利用の流れはこちら