これでジャケットが売れる!ジャケットの商品撮影の魅力的な撮り方を大解説!

2022.3.5
これでジャケットが売れる!ジャケットの商品撮影の魅力的な撮り方を大解説!

今回のブツ撮りラボで書かせていただくテーマは『これでジャケットが売れる!ジャケットの商品撮影の魅力的な撮り方を大解説!』です!

ジャケットの撮影は難しいのか?
またジャケットは高価なブランドアイテムも多いので売れにくいのか?

実はジャケットには撮影のルールや見せ方一つで売れ行きが大きく変わります。

今回は大手ファッションブランドの撮影を担当しているプロカメラマンがしっかりと書かせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください!

今回はカジュアル・フォーマルなど多くのユーザーに愛用されておりほとんどの方が持っているであろう『ジャケット』の商品撮影の撮り方についてしっかりとご紹介させていただきます。

ジャケットの商品撮影の撮り方には色々なルールがあり、細かい意識の違いにより商品写真のクオリティーが大きく変化します。

今回はこれからジャケットの商品撮影を自身でされる方や、カメラマンに依頼する方などもジャケットの商品撮影の撮り方の知識が少しあるだけで伝え方も変わってくるので、ジャケットなどの衣類の販売に携わっている方は是非お付き合いいただければ幸いです。

ジャケットとは?

ジャケットとは?

ジェカットとは主に短い腰丈ほどの前開きのトップスのことを表し、元々は中世ヨーロッパの男性用の上衣から発生したファッションアイテムです。

子供から大人、男女に愛される衣類に進化して用途に合わせて多くの種類に発展していきました。

ジャケットの種類

ジャケットの種類

ジャケットの商品撮影の撮り方をご紹介させていただく前に、ジャケットの種類についてご紹介させていただきます。

ジャケットには多くの種類や特徴があるので、次にそれぞれのジャケットについて詳しくご紹介させていただきます。

スーツジャケット

スーツジャケット

-出典 amazon-

スーツジャケットは主に男性女性用の仕事着やパーティーなどのフォーマルな衣類として愛用されているジャケットです。

このスーツジャケットは主にセットアップでパンツと合わせたジャケットとして販売されていることが多く落ち着いた色目やシックなトーンのジャケットが多いことが特徴的な商品です。

ブルゾンジャケット

ブルゾンジャケットのイメージ

-出典 物撮り.jp-

ブルソンジャケットとは春先、秋口などに着用されるジャケットで、腰回りや袖が絞られたデザインが特徴のカジュアルなジャケットとなっております。

ジャケットには流行りのシルエットがありますが、このブルゾンジャケットは流行に流されることのないファッションジャケットとして多くの方に愛用されているジャケットです。

ボアジャケット

ボアジャケットのイメージ

-出典 物撮り.jp-

ボアジャケットは肌寒くなった季節に防寒機能に優れたジャケットです。

特徴としてはモコモコとした暖かい印象の生地で作られたジャケットですので、女性の可愛らしい印象付けができるカジュアルなジャケットとして愛用されています。

見た目通りの保温性にも優れアウトドアなどでも愛用されているジャケットです。

ミリタリージャケット

ミリタリージャケットのイメージ

-出典 物撮り.jp-

ミリタリージャケットは今では多くのブランドから販売されているファッションジャケットですが、元々は軍人向けに作られた丈夫で自然にカモフラージュすることを目的として作られたジャケットです。

このミリタリージャケットが長い年月を経て年齢関係なく、ファッションジャケットとして進化し、今では流行に流されないジャケットとして多くの方に愛用されているジャケットです。

また中には当時の本物のミリタリージャケットを求めて集めているコレクターも多いほど魅力的なジャケットです。

ダウンジャケット

-出典 amazon-

ダウンジャケットは冬の寒い季節に着用されるジャケットで保温性に優れ防寒に適したジャケットとなっております。

ダウンジャケットのダウンとはダウンフェザーを表したジャケットのことで、ダウンフェザーが多くの空気を取り込みながら暖かさを保つ機能に優れているジャケットです。

また他のジャケットに比べて際えて比較的軽量であることも多くのユーザーに愛される理由の1つです。

テーラードジャケット

テーラードジャケットのイメージ

-出典 物撮り.jp-

テーラードジャケットについてご説明させていただきます。

テーラードジャケットのテーラードとは『仕立てがしっかりしている』という意味もあり、スーツジャケットよりもフォーマルでドレッシーな雰囲気が表現できるジャケットです。

今では、デニムパンツなどに合わせたカジュアルの中にメリハリのあるコーディネートも人気で、若い女性にも愛用されているジャケットです。

デニムジャケット

デニムジャケットのイメージ

-出典 物撮り.jp-

デニムジャケットとは丈夫なデニム生地で作られたジャケットで主に春先や秋口などに多く愛用されているジャケットです。

デニム生地は他のジャケットに比べ丈夫でカジュアルに羽織れるジャケットとして人気で、中にはデニムの色落ちやほつれなどもジャケットの成長として楽しむ方が多いジャケットです。

アメカジなどのコーディネートを愛用する方には多くの種類のデニムジャケットを保有される方も少なくない人気のあるジャケットです。

ライダースジャケット

 

-出典 amazon-

ラーダースジャケットは主に革で作られたジャケットのことで、アメリカでバイクに乗っている人に愛用されたジャケットでこの名前がついたジャケットです。

このライダースジャケットはバイクに乗らない方でもパンクロックを愛する方やファッションの少しのスパイスをいれるためのファッションアイテムとなっております。

このライダースジャケットは革で作られていることも多く、少し重たいジャケットになりますが、1着は持っている方の多いジャケットでしょう。

ジャケットの商品撮影の撮り方

では、本題のジャケットの商品撮影のお話に戻らせていただきます。

ジャケットの商品撮影の撮り方についてですがジャケットなどの衣類は様々な撮り方がありますのでしっかりとご説明させていただきます。

ハンガーがけでの商品撮影

ハンガーがけでの商品撮影のイメージ

-出典 物撮り.jp-

まずがジャケットのハンガーがけでの商品撮影の撮り方についてです。

ハンガーがけでの商品撮影の撮り方にはまず商品撮影に使用するハンガーを統一する必要があるので商品撮影用のハンガーを決めて用意しましょう。
ハンガーは壊れることもあるので、可能であれば予備も含めて同じものと用意しておくと良い
でしょう。

では、ハンガーがけでジャケットの商品撮影の手順についてご紹介させていただきます。

  1. 背景紙を専用ポールで立てるように背景紙をセットする。
  2. ハンガーをかけるハンガーラックを背景から離した状態でセットする。(衣類の影が背景に影響しないため。)
  3. ハンガーにジャケットをセットし、シルエットを整えてあげましょう。
  4. ジャケットの色味や明るさを安定させるために照明機材をセットしましょう。
  5. ハンガーの位置を固定し、照明の割合を統一するために三脚を使ってカメラのポジションを決めましょう。
  6. カメラのホワイトバランス設定をマニュアルで登録しましょう。

トルソー着用での商品撮影

トルソー着用でのジャケットの商品撮影方法をご紹介させていただきます。

ジャケットをトルソー着用にて商品撮影する場合、自然な着用感が表現されるのでモデル撮影などで商品を表現したい場合にオススメの撮り方です。

ではトルソー着用でジャケットの商品撮影方法の手順をご紹介させていただきます。

  1. トルソーをセットするための撮影用の背景を用意しましょう。
  2. 撮影用背景からトルソーを少し離した位置に設置しましょう。
  3. トルソーにジャケットを着用させましょう。
  4. ジャケットの立体感が表現されるように照明機材をセットしましょう。
  5. カメラで撮影する位置を固定するために三脚を使って固定しましょう。
  6. カメラにホワイトバランスをマニュアルで設定してジャケットの色合わせを行いましょう。

平置きでの商品撮影

平置きでの商品撮影のイメージ

-出典 物撮り.jp-

ジャケットを平置きで商品撮影する撮り方についてご紹介させていただきます。

平置きは多くの衣類で最も多く撮影されている撮り方ですので、商品撮影の手順はジャケット以外で活用できますのでご紹介させていただきます。

  1. 平置き用の撮影背景をセットしましょう。
    撮影用背景のサイズの目安は2.5mの正方形以上の撮影用背景を用意されることをオススメいたします。
  2. ジャケットを撮影用背景にシルエットを調整しながらセットしましょう。
  3. 照明機材をセットし、平置きでもジャケットの立体感が表現できるように少し陰影のつくように照明を調整しましょう。
  4. カメラにグレーカードなどでホワイトバランスをマニュアルで合わせてジャケットの商品の色合わせを行い商品撮影しましょう。

おすすめのジャケットの撮り方

おすすめのジャケットの撮り方のイメージ

多くのジャケットの商品撮影の撮り方をご紹介させていただきましたが、毎日多くの商品撮影を行っている商品撮影専門サービスの『物撮り.jp』がオススメするジャケットの商品撮影の方法は平置きでの撮り方です。

平置きでのジャケットの撮り方にはメリットも多くありますので、次はジャケットの平置きでの商品撮影のメリットについてご紹介させていただきます。

ジャケットは平置きでの撮影のメリット

ジャケットは平置きでの撮影のメリットのイメージ

-出典 物撮り.jp-

ジャケットなどの商品撮影は多くの撮り方があるとご紹介させていただきましたが、商品撮影専門サービスの『物撮り.jp』が平置きをオススメする理由・メリットについてご紹介させていただきます。

  1. 平置きは商品撮影の基本となり商品撮影のスキルが向上するからです。
  2. 平置きでの商品撮影写真は雑誌、カタログなど多くの販売ツールに活用できるからです。
  3. 平置き写真は写真編集ソフトなどで切り抜きを行えば、バナー、SNSなどのブランド価値を高めるイメージ写真にも活用できるからです。
  4. 平置きでの商品撮影を行う場合、ジャケットなどのシルエットの見せ方が自由に行えるので、販売者やブランドの意思によりオリジナルの見せ方もできる。
  5. 平置きで商品撮影をする場合、ジャケットの詳細の写真も撮りやすく表現しやすい。

ここで書かせていただいた以外にもジャケットの商品撮影を平置きの撮り方で行う場合多くのメリットがあります。

是非、商品撮影の撮り方にお悩みの方は是非平置きでの取り方に挑戦してみてください。

平置きの撮影準備

平置きの撮影準備

ジャケットを平置きで商品撮影する場合、撮影前に行う準備があります。

次にジャケットの商品撮影の事前準備についてご紹介させていただきます。

ジャケットのシワをとる

ジャケットのシワをとる

ジャケットの商品撮影を行う前に、必ずジャケットについているシワを取り除きましょう。
ジャケットなどの衣類は保管状況によりほとんどの場合がシワが入った状態です。

このジャケットなどのシワは商品撮影をした際にとても目立ってしまいます。

また厄介なのが撮影時に気がつかないことも多く、再度商品撮影をし直すということもよくあることです。

ですので、ジャケットなどの衣類の商品撮影の際には必ずしっかりとシワを取り除いた状態で商品撮影を行うようにしましょう。

ジャケットなどの衣類の商品の場合、アイロンを使えない商品も多くありますので水スプレーなどでジャケットに水を含ませて、改めて乾かしてあげることでも自然とシワが取り除けますので、是非お試しくださいませ。

ジャケットのデザインの確認

ジャケットのデザインの確認

ジャケットのデザインを確認しましょう。

商品撮影時にジャケットを初めて見る場合、ジャケットの詳細など確認が漏れてしまう場合がありますので商品撮影を行う以前にデザインをしっかり確認しておく必要があります。

ジャケットの撮影構成を考える

ジャケットの撮影構成を考える

ジャケットの撮影構成も撮影前に考えておく必要があります。

ジャケットなどの商品撮影の場合は撮影構成を考えながら商品撮影を行うと、どうしても作業時間が長くかかってしまい撮り漏れなども発生する原因となってしまいます。

ジャケットを含め全ての商品撮影の際は事前に撮影構成を考え、まとめておくとスムーズに商品撮影がおこなえますので、商品撮影の時間短縮をしたい方は是非、検討してみてくださいませ。

ジャケットの撮影のポイント

ジャケットの撮影のポイント

ジャケットの撮影構成を検討する上でジャケットの撮影のポイントについてもご紹介させていただきます。

撮影ポイントはあくまでも基本の撮り方について書かせていただきますので、是非アレンジは加えてオリジナルの表現方法などに派生することも可能ですのでまずはジャケットの基本的な撮影ポイント・撮り方についてご紹介させていただきます。

ジャケットのシルエット

ジャケットの絶対的に必要な全体のシルエットについてご紹介させていただきます。

ジャケットは前開けのトップスですのでボタン・チャックをどうするのかが悩まれるかと思いますがジャケットの商品撮影の際はボタンやチャックは着用イメージに近づけるために閉めた状態で商品撮影することをオススメします。

またジャケットのシルエットは『左右対象』にし、腕のラインなどを左右揃えた状態で商品撮影しましょう。

正面と背面のシルエットを合わせることでよりジャケットの魅力が伝わりやすい商品写真となりますのでしっかりと合わせることを意識して商品撮影しましょう。

ジャケットのデザインの見せ方

ジャケットのデザインの見せ方についてご紹介させていただきます。

ジャケットにはポケットやステッチなど全体で表現する箇所は多くあります。

ジャケットのデザインのポイントとなる部分はしっかりと商品写真で撮影することが必要となりますので、特徴あるデザイン部分はしっかりと伝わるように意識し、商品撮影を行うようにしましょう。

ジャケットの詳細の見せ方

ジャケットにはポケットや裏地、内ポケットなど使いやすさを表現する箇所は多くあります。

またジャケットにはフェイクポケットなども多く存在しますので、フェイクポケットの場合はフェイクであることが伝わる商品撮影を行う方がクレームなどに繋がりにくくなりますのでジャケットの詳細は細かく表現するように商品撮影しましょう。

ジャケットの撮影を依頼したい場合

ジャケットの撮影を依頼したい場合のイメージ

これまでジャケットの商品撮影について撮り方やポイントなどをお伝えさせていただきましたが、実際に自身で商品撮影することは現実的でしょうか?
撮影スペースなど十分確保できる環境であれば可能かと思いますが、実際にジャケットの商品撮影では多くの時間と撮影機材の準備に関する費用、撮影の手間など多くの労力が必要とされる
ことがあります。

その時にジャケットなどの商品撮影を依頼するにはカメラマンや広告会社に依頼することが多いでしょう。

ですが、その場合予想以上の費用がかかってしまうことに驚くことがあるのではないでしょうか。

その際にオススメさせていただくのが商品撮影を専門におこなっているオンラインサービスがあります。
今では商品撮影の専門サービスは多く存在しますが、その中でも何を基準に選べば良いかを次にご紹介させていただきます。

安心できる商品撮影サービスとは?

安心できる商品撮影サービスとは?のイメージ

では安心できる商品撮影サービスを選ぶポイントについてご紹介させていただきます。

  1. 商品撮影サービスを運営しているのが法人であること。
  2. 商品撮影実績数ではなく、商品撮影実績写真の掲載数で安心できる商品写真クオリティーかを確認できること。
    『物撮り.jpの商品撮影実績』
  3. 商品撮影の金額があまりにも安すぎないこと。
  4. 商品撮影のカメラマンに撮影内容を相談できること。
  5. 商品写真の納品がメールではなく、専門のマイページからダウンロードできること。
    (メールではウィルス感染の恐れがあるため。)
  6. 特殊な商品撮影でも対応可能であることです。

このように商品撮影サービスを選ぶには様々なポイントがありますので、是非皆様にあった商品撮影サービスを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回はジャケットの商品撮影についてご紹介させていただきました。

また商品撮影の撮り方や撮影のポイントなどもこの記事を読んでいただければ十分ご理解いただけるかと思います。

この記事を書かせていただいている『物撮り.jp』でもジャケットの商品撮影は撮影可能ですので、よければご依頼くださいませ。

今後も商品撮影について多くの記事を投稿させていただきますので、他の記事も合わせて読んでいただけると幸いです。最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

今後ともブツ撮りラボをよろしくお願い致します。

商品1点からでも撮影します

まずはお申込み ご利用の流れはこちら